Thursday, June 19, 2008

何気ない視点@大学

ライカM3を使い始めてから写真を撮る視点がずいぶん変わってきた気がします。いままであまり広角には興味はなく望遠で寄って撮るような写真が中心だったのが、レンジファインダーの機動力を活かしてスナップ写真を撮る。それも目で見たおもしろい風景を収める、というよりは風景の中で少し変わった様子を描いているところにフォーカスを当てるとでもいいましょうか。今回の写真はそんな一枚です。



この写真に写っているドアはきっと使われることはないのでしょうが、その昔は荷物の搬入などに使われていたんだと思います。手前にある金属製のフレーム、これは何かを掲示するときだけに使われるものなのですがこの写真に何気ないスパイスを与えてくれている気がします。ここに生えている木も相当古いんじゃないかなぁ。。。


さてこの写真、千葉大学のキャンパス内に入り込んで写真を撮るという不審者のような行動をしていたのですが、昔この近辺に住んでいたこともあり個人的にはほとんど抵抗はなし、というのもあって、昔懐かしの風景を思い出しながら何枚か撮影しました。下の写真は学生向けの食堂。

この雰囲気がたまらなく良いのですがここで食べる学生向けの食事がまたたまらないんですよね。たったの600円もだせばすごい豪華な食事ができます。味はともかく…



一眼レフデジタルカメラだと構えてしまってあまりいろいろ撮らないのですが、スナップ写真と割り切って撮ろうとするといつもと違った視点で撮ることができます。写真撮影の姿勢を少し変えてみたかったら使っているカメラを変えるというのは結構大切な行為な気がします。

No comments:

Post a Comment