Monday, June 23, 2008

Ultra Wide Heliar 12mm

コシナが出しているフォクトレンダーブランドのレンズって今まであまり見向きもしなかったのですが、焦点距離の短いレンズを使いたいと思っていろいろ調べていたらこのレンズに突き当たりました。Ultra Wide Heliar 12mmというやつです。ウルトラワイドヘリアーとよむらしいけどもともとヘリアーという有名なレンズがあるみたいですね。

ファインダーが付属なのでファインダーを調達するお金のことはあまり考えなくてよいのがメリットですがこんだけ特殊なファインダーだとほかの用途もあり得ないか。レンズは思ったよりも小さくて軽いので、M3 につけてもDRズミクロンをつけたときのようなずっしり感はなくレンジファインダーのさくさく感が戻ってきている気がします。

ピントについては距離計と連動しない(という仕様)で、開放であるF5.6の時に距離1mにあわせておけば、50cm〜∞までピントがあうということでほんとファインダーをのぞいて写真を撮ればよいという感じになっているのですね。F11まで絞れば30cm〜∞まであわせられる感じです。

さて、M3につけて一日歩いてとりあえず撮ってみたものの、画角の広さと予測できないディストーションから写真も予想外の仕上がりになってくるのがおもしろいですねぇ。


有楽町駅前にあるマルイの前:Kodacolor 400 + M3 + UWH12mm


田町駅の三田側にある歩道橋の上から:撮影条件上に同じ


こういう遠景な写真はまだ撮りやすくて近くのものを撮るとイメージ通りに撮れていません。というか魚眼で撮るときの感じに近いかなー。もう少し修行してみたいと思います。ちなみにどちらもノートリミングです。

No comments:

Post a Comment