Wednesday, November 19, 2008

カンボジアでフィルム撮影・現像

カンボジアに一ヶ月以上滞在していたので、最低でも一度はと思い無理して持って行ったライカM3とElmarit21mmの組み合わせ。現地でフィルムを購入、撮影、現像というプロセスに挑戦してみました。まず、カンボジア首都プノンペンにあるめぼしい写真店(現像やプリントがメインのお店)をいくつかまわってみたけど当然リバーサルフィルムなどない。お店の人に聞いても「そんな昔のフィルムはありません」と言われる。それどころか「プロフェッショナル、って書いてあるからこれでいいでしょ」とコダックのフィルムを勧めてきます。最終的には made in japan と書かれたフジのネガ5本入りを約800円で購入しました。



カンボジアはシアヌークビルというリゾート地で撮影した写真です。色とか云々言う前にお店のネガの扱いがひどすぎて笑いがこみ上げてきます。日本のようにスリーブに入れてくれるでもなく、ぐるぐる丸めた状態で袋に入って渡されます。ネガにはあちこち傷がついているし凹んでいたりするところもあります。ただし現像料金は130円程度。これをどう評価するのかは人によるのかなと思いました。

日本に帰国してから自宅のフィルムスキャナで取り込んだデジタルデータをアップしています。東南アジア等の国でしか売られていないハイコントラストなフィルムだそうで、それなりに味が出ていますが現地で現像したおかげもあるんだろうなぁ、と思っている次第です。

No comments:

Post a Comment