Wednesday, May 11, 2011

Mマウント改造ホロゴン2

Mマウントに改造されたホロゴン。Mマウントオリジナルのものは3群3枚の贅沢ガラス利用だが、コンタックス用のものは3群5枚な分安いんだろうか。Mマウント改造された結果として無限遠がちゃんと出ているのかどうかちょっとだけ妙な気もするが、無限遠に行かない手前にフォーカスを合わせた写真は意外にビシっとうつってビックリした。

下の写真は60cmくらいのところにピントを合わせてとったもの。松ぼっくりの解像度が高くておどろく(↓は無補正画像)。

難点としてはやはりレンズの暗さ。標準でF8だが、周辺減光対策のために付属のハーフNDフィルターを利用する。この倍率がx4なので実質F16での撮影。真昼の明るいときでもF16となると、ライカM8のISO160で1/60も出るかどうか、というところ。レンズの焦点距離は16mmなので画角的にはライカM8では21mm相当となり、スーパーアンギュロンみたいな気持ちで使えば実は使いやすい。ま、1.33倍相当なので周辺減光もNDフィルタ無しでもそれほど気にはならない印象。

下は夜景写真だがフィルタ無し。これも補正なし。

それにしても噂通りレンズの歪みがほとんど感じられないためとても気持ちの良い写真が出来上がるコトが多い。魔性のレンズとは良く言ったもので、しばらくこれから抜け出せそうもない。

↓は鬼怒川の山の中で撮影した滝の写真。これについては補正済みだが、さすがに暗いので三脚を利用した。


さてこのホロゴン、M8で自動露出(AE)を聞かせるためにはレンズ背面のレンズガードを少し削る必要がある。削った画像もせっかくなのでアップロードしたいがそれについてはまたまた後日。大型ストロボをセットするのがめんどくs(以下略)

削るに当たってはAmazonでミニルーターセット(YWE251KIT1)を購入。驚くほど簡単に削れたので、経験が豊富じゃない人は要注意。レンズ裏面をガードしてからやらないと危ないので要注意。

No comments:

Post a Comment