Monday, March 26, 2012

何のために撮るか

 写真を何のために撮るのか。そこまで考えて撮ってる人は果たしてどれくらいいるのかわからないけど、少し前にとある人に「撮るために撮ってませんか?」ときいたら「そうかもしれない。。」という答えが返ってきたことがある。まあそんなもんか。確かに自分も昔はそんなもんだった。

「よりよい写真」を撮るためにどうしたらいいのか、ということで写真に関する本を片っ端から読みあさり、機材にこだわりすぎてもしょうがないことはよくわかった。

日本を代表する風景写真家、と呼ばれてる人のワークショップを受けたときに「魂がこもらない」という言葉を聞いた。やはりそういうものかと思った。

さて、自分は今何のために写真を撮ってるのか?

世界中に何百万人もいるアマチュア写真家が撮るすべての写真を越えるには?

ということを自問自答しながら平凡な写真を越えた写真を撮れずに四苦八苦する毎日を送っているのが現実。サラリーマンみたいなもんだ。





No comments:

Post a Comment