Saturday, March 17, 2012

D4 のHTTPサーバモード

Nikon D4 は RJ-45のネットワークインターフェースを持っている。わかりやすく言えば、いわゆるLANケーブルが直接差せてネットワークに繋げることが出来る。ネットワークに繋いだ状態でD4自体がウェブサーバ(HTTPサーバ)になることが出来て、そこにアクセスするとリモートでカメラを操作できる。具体的には撮影(LV含む)と画像再生。

無線LANにしたかったらニコンから発売されているWT-5を付ければよいが、有線で無線ルータ(やAP)に繋げることでも無線経由でアクセスすることは可能。要するに同じセグメントにいればいい。

カメラのくせにここまでできるのか〜、と感心しながらもこれくらい出来るようになってくれないと逆にイマドキではないと思う。iPhoneのSafariからD4のHTTPサーバにアクセスした画面は↓のとおり。カメラの前にiPhoneを置いて撮影したので無限鏡のようになっているわけだが。



ちなみに、F値やISO、WBなどはこの画面から操作可能。画面下の中央にある黒い○がシャッターボタン。ネットワークのことが分かってる人ならリモートレリーズケーブルはイラナイ時代になったというわけ。発想次第でいろいろな撮影スタイルが楽しめる。

クリエイティブに。

No comments:

Post a Comment