Sunday, March 11, 2012

D800の使用感と作例

D4は2週間くらい前にニコンで触ってきて、文句なしなフィーリングだったけど、昨日D800を触ってきたので少しまとめておきたいと思います。掲載写真は全てデータを持ち帰らせてもらったD800のもので、撮影場所はニコンサロン新宿。28Fという高層フロアにあるので外に向けて写真を撮るのも圧巻の風景が拡がる。

とりあえず30分ほどいじってみた感想。

1. D800は重量900gでD700の995gから比べると体感でかなり軽くなった印象。振り回しやすくなったし、2.8ズームを付けたときのウェイトバランスがレンズの方に行くようになった印象。

2.シャッター音は少し安っぽくなった気がする。これはミラーの動きというよりは、ミラーボックスの中で反響する音が安っぽくなったのだと思う。使っている材質の密度の問題な気がする。軽くした弊害かもしれない?

3.使っている感覚はD700とほとんど一緒。ただし繰り返すけど重量だけ随分軽くなった。

4.ファインダーは見やすい。でもD700と同じくらいか少し良くなったくらいかな?D4ほどはクリアでもない印象。α900ほどにもクリアではない印象。70-200/2.8VR2でMFも試してみたけど十分できた。

5. 3600万画素のセンサーがたたき出す画像がどんなものか、楽しみにしていたけど期待以上だった。100%に拡大してもしっかり撮れているもののシャープさは息を呑む。非常に緻密な絵が出てくる

6.made in japan とかいてあった

7. 背面LCDはD700に比べて0.2インチ(5mm)大きくなって3.2"となった。そのせいか画像が「大きいな」という印象を受ける。


8.ISO1600になるとそれなりにノイズが気になってくる。常用になるかどうかは何を撮るか次第だおともう。ただ1600-6400までそんなに変わらない気もする。

9.D700のときはカメラ内JPGがはき出す画像はコントラスト強すぎるなぁと思ったけど、D800についてはその逆で少しコントラスト弱め?と思った。


以下は撮影した写真データを長辺1200にリサイズ。


ガラス越しに外の風景を撮影。レンズは14-24/2.8で、1/40 F3.2 ISO100


14-24/2.8 1/60 F4 ISO200。実はちょっとピントが甘い(^^;

70-200/2.8VR2 1/200 F4 ISO1600でこれくらい。 ガラス越し。

 70-200/2.8VR2 1/500 F4 ISO1600
この写真はもやもやっとしているんだけど、ガラス越しであることとISO1600が大きな原因ではないかと。

70-200/2.8VR2で1/80 F2.8 ISO200。シャキっと撮れています。普段使っているNEX-5Nの傾向に近い気がしてきた。 やはりソニーセンサーということなのだろうか。これもこれでもガラス越し

↑の写真を画面中央やや左の通りのところで等倍切り出ししたのがこの画像。おそるべし。



Nikon Salon。70-200/2.8VR2 で1/80 F2.8 ISO200。写真一番右にあるもやもやは柱です。

70-200/2.8VR2 で1/80 F2.8 ISO200。色が大人しめな印象。


とりあえず来週はD4が届く予定。

No comments:

Post a Comment