Sunday, May 6, 2012

写真の意味

これが何の写真なのかというと、東京の空とビルを写した東京タワーが主題の写真。と説明しても意味が分からないのが多分普通。完全に自分の世界を作り上げてそれを人におしけるのか、誰が見ても同じように解釈できる写真を撮るのか、ある意味両極端の2つがある。どちらも正解と言うことはなく、間違いということもない。何を目指すのかが多分問題。その意味は。

この写真を撮ったときは右側にあるマンションに空が綺麗に写りこみ、青空が続いているようにみえた。この写真でそれが上手に表現できているわけではないので、本来ならば補正が必要。しかしこれは補正していない。補正することの意味があるとすれば「自分の意図を伝えること」であり補正しないことの意味は「カメラが撮ったものを忠実に」である。カメラが撮ったものに意味を求めるなら後者であり、自分の表現に意味を見いだすなら前者になる。



これは羽田空港のすぐ北側にある城南島海浜公園で撮影したもの。フルサイズのカメラに300mmでトリミングなしでこの大きさで撮れるほど近くを飛行機が飛ぶ。なので巨大なレンズとカメラを空に向けて構えているおじさんがたくさんいる場所でもある。

 この写真は写真自体に意味はなく、海外の写真系有名ブログで評価が高いレンズであるTamronの28-300mmというお手軽・格安ズームレンズがどれほどの実力なのかを試したくて撮影しただけの写真。飛行機が好きというわけでもないため、これといった主張ポイントも意味もない。


No comments:

Post a Comment