Sunday, July 8, 2012

NEX-7における画質考察

NEX-7 + α純正マウントアダプタ(LA-EA2) + SONY 100mm/F2.8 Macro

NEX-7 + SONY E 30mm/F2.8 Macro

NEX-7 + Fマウントアダプタ + Cosina Zeiss Makro Planar 100mm/F2.8

NEX-7 + Leica M-Elmarit 24mm/F2.8 ASPH (6-bit)

NEX-7はソニーが販売しているNEXシリーズの中で最も目立たない存在かもしれない。NEX-5Nなどは値段の割に画質が良い気がしたし、タッチパネルの使い勝手もなかなかよい。一方でNEX-7は余り良い噂を聞かない。2400万画素をムリして作った、とか性能を引き出せるレンズがソニーから出ていない、とか言われているが否定しきれない印象。

NEX-7を発売日に買うつもりだったが発売が延期したのでNEX-5Nを購入して使っていたが、ファインダーがないこと、ボディが小型過ぎること(手が大きい人間にとっては皮肉)、画素数がもう少し必要なことなどから随分値段の下がったNEX-7を購入した。

実際に写真を撮ってみるとEマウント純正レンズで撮影した画像はどれもイマイチで、マウントアダプタなどを介して定評のあるレンズで撮影した画像はどれも納得のいくレベルに仕上がっていると思う。

上記二掲載した4枚は、ソニー純正のαマウントレンズ(定評のある100マクロ)と、Eマウントレンズの画像と、コシナツァイスの100mmマクロプラナー、ライカの24mmエルマリート(現行)の画像を補正・トリミングナシで出力したもの。

もうしばらくすると NEX-7のファームウェアがアップデートされるという噂もあるので少し様子をみながら使ってみる。

No comments:

Post a Comment